9月27日キャンパスマップ集会

  • 2008/09/27(土) 10:12:07

20080927101243
200809271012422
20080927101242
わたくし隊長☆中里は、「シブヤ補講(シブホ)http://shibuho.net/」という
シブヤ大学の授業に出た人たちがシブ大の次の週土曜日に集まって
話したり遊んだりして誰でも先生、誰でも生徒をやれちゃうサークルにも所属しております。

そのシブホ、本日お台場未来科学館に遠足です!
シブ大の授業が開催されるのにのっかってしまおう!
授業の前にシブホだ!という早朝学習のために朝10時に科学未来館に集合です!
(写真のセンスない…)

う〜ん、風が心地よい!

さてさて今夜はシブ大MAP集会
19時より開催!!(予定)

で〜す☆

La Fee Deliece (ラフェ・デリース)

  • 2008/09/13(土) 03:38:48

★自分のイメージのガレットを食べられる★

かわいい外観のLa Fee Deliece


【シブ大生特典】
平日、シェフの桐生さんがお店にいるとき(スタッフさんに確認してください)、
お好みに合わせたガレットをつくってもらえる!
(昼食時と夕食時の時間帯以外でお声掛けください。)

キャットストリートを入って少し歩くと、
左手に見えてくる赤い可愛らしい建物、そこが 『ラ・フェ・デリース』。
フランスはブルターニュ地方の昔ながらの家庭料理「ガレット」のお店です。

そば粉でできたガレットの生地は、
表面はパリッと、中身はもっちりとした食感で、
その味はフランス人のお客さんからも「懐かしい味そのままだ」と
評されるほど。
ハム、チーズ、卵を包み込んだ基本のガレットも
シンプルでおいしいのですが、お好みに合わせて具材をトッピングすれば、
味のバリエーションはどんどん拡がります。
また、シェフに「おまかせ」すれば、
その時のあなたに合ったガレットを作って貰えます。
一見あっさりしているようで、食べた後はすっかり満腹のガレット。
ランチでも、お酒と一緒のディナーでも、
ラ・フェ・デリースのガレットならそれぞれの楽しみ方ができそう。

可愛らしいお店の外観と、フランスで集めてきたという家具や小物は、
オーナーのこだわり。
表参道という都会の中にありながら、お店の扉を開けば、
そこにはフランスの温かい家庭の雰囲気が溢れています。

気の置けない仲間や恋人とくつろぎの時間を過ごしたいなら、
絶対おススメのラ・フェ・デリース。
爽やかなシェフと気さくなスタッフが、皆さんをお待ちしていますよ!

(取材:渡邉雄哉/鈴木貴博/中里希)


おまかせガレット



内観

友達たくさんできる街

  • 2008/09/11(木) 02:48:23

構想期間も含め、シブ大MAPつくり隊が始まって、なんやらかんやら約一年。

渋谷の街を歩いていて、ふと思う。

「友達が増えたなぁ。」って。

キャンパスMAPつくり隊で行った先で出会ったお店や人達。
毎月第3土曜日にあるシブヤ大学以外の日に
渋谷で知り合いに会う確率がすごく高くなった。

渋谷を歩いて、友達にバッタリ遭遇する嬉しさ、
あそこに行けばあの人に会えるという安心感。

渋谷の街を歩いてるのに、地元を散歩してるような感覚。


それを『友達が増えた』という表現するのが正しいのか、わからないけれど、
街を歩くとき、その風景の中に名前や顔が思い浮かぶ人が多くなったのは確信している。


仲良くなった人に、自分の友達を会わせたくなって

実際にそうやってどんどん友達もコミュニティもつながっていって…。

そして、そうやって見えてきた人達と
わたし達は、見えないもので繋がってる。

そう思ったら、渋谷がもっと好きになった。
街も人も、愛しいなぁ、と思った。


今日、ある人と話しているときに放った自分の言葉がとてもしっくりきて、

なんだかドキがムネムネしました!