ひとり旅

  • 2010/07/29(木) 09:05:12

絵描きさんに会って、誰かとする旅もよいものだと考えたあと
http://shibumap.dtiblog.com/blog-entry-119.html
「でも、ひとり旅も捨てがたい。」
と思った。

ひとりだからこそ、味わえる時間もやっぱりいい。
誰かと一緒だと、話さなかった人や
見つけられなかったものに出会えるから。


知らない街で見つけたものに、
「これ、あの人好きそうだな」とか
「あのオッチャン、あの人に似てるな」とか
「この味、おばあちゃんのつくる料理を思い出す」とか
「あの人なら、このときなんて言うだろう」とか
旅の中で、すごく久しぶりに会いたくなる人がいたりして。

今、一緒にいない、誰かのことをあれこれ考える時間がすき。


初めての風景に、
今まで出会ってきた人やものを重ねて見ている。

未知のものを見ているようで、記憶をたどっている感覚が、
ひとり旅は研ぎ澄まされる気がする。

誰かと一緒にいて
出会ったものに心が動くのは
「ひとり」を、ちゃんと知っているからだと思った。

だから、絵描きさんと一緒に旅した
あの三人は、いい感じだったのかな。



そして、それは遠い特別な場所に行かなくても
味わえる気がしている。

誰かとゆく旅

  • 2010/07/28(水) 23:55:14

大好きな絵描きさんの
旅行記・出版記念イベントに行ってきました。


絵描きさんは、心配になるくらい
話す言葉が足りない。

その足りない隙間を、全部うめられるほどの
素敵な絵を描くひとです。



一緒に旅をした編集者の方と、
カメラマンさんと3人でいると、
安心しきって、どんどん話さなくなってく。


「旅行中、ケンカをしたり、
自分ひとりでは絶対行かない場所に連れていかれて
大変な目にあったし、もう一緒に旅したくない。」
と笑っていました。


それを聞いて
大学のとき、一緒に旅した友達と
旅の中で、初めてケンカしたことを思い出しました。


誰かと何かを一緒にするのは、
調整やケンカや、めんどうなことばかり。




けれど、その帰り道に開いた本の
短いあとがきには

「誰かとする旅も悪くない」
とあって、

色鉛筆で描かれた旅で出会った人たちの絵を眺めていたら

旅をする中で、ひとりで何事もなく過ごせた日より
誰かと共に慌てたりケンカした日の方が

今、色鮮やかに思い起こされることを
くっきりさせてくれた。

【7月17日(土)部室告知】&6月19日(土)シブヤ大学特製お好み焼きメニューをつくろう!レポート?

  • 2010/07/15(木) 10:04:53

そして授業後、ここ最近始めた
「部室」へ皆で移動です。
http://shibumap.dtiblog.com/blog-entry-107.html

■ツリーハウス HIDEAWAY
http://www.treehouse.jp/hideaway/

お店の中を杉が一本突き抜けていて
木が風で揺れるたびに、お店も揺れる素敵な空間です。

授業後、生徒の皆さんと一緒に移動して、おしゃべり。



授業について感想を言い合ったり
胸キュンするような授業があったら楽しいかも
と、キャピキャピ。。。

そしてHIDEAWAYではこれ!


竜馬ビールぜよ!!!

昼間からゆったり木に揺られてビールを飲む…。

HIDEAWAYのサトルさんからは
木の実のようなおつまみをサービスしていただきました!
ありがとうございます☆


そして、今月も学生特典のあるお店
http://www.shibuya-univ.net/classroom/shop_list.php

を、溜まり場として使わせていただこうと思っています。

場所については、ツイッターで告知します。
是非チェックしてくださいね。
@maptukuritai
http://twitter.com/maptukuritai