シブヤ大学特製カクテルをつくろう!授業報告レポート

  • 2010/08/30(月) 20:32:21

さる8月28日(土)
シブヤ大学特製メニューをつくろう!〜カクテル編〜
http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=533
が開催されました。


参加してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

当日の授業の様子を、中里がレポートします。


今回の授業の教室は恵比寿にあるflax。
とってもムーディなお店です。

準備をするマップ隊メンバー。


授業はそんな大人なお店で始まりました。

司会進行のマップ隊『いまむー』
シブ大特製メニューという企画の提案者でもあり、
頼れるマップ隊爽やか代表男子です。


そして、先生のflaxキャプテン・『くわっち』

参加者の皆さんの前で、
「カクテルのうんちくを学ぶというよりは
つくる過程を楽しむ授業にしましょう。」
そんなお話をしてくれました。

そして、実は
今回つくる特製カクテルにはテーマがあります。

ずばり「恋」!
恋のイメージや、恋にまつわるエピソードを盛り込み
皆で特製カクテル作成に臨みます。





男女ペアを組んだ二人でワイワイ
なんのリキュールを混ぜるか、何色にしようか、などとともに
恋について話したり、しながら
あっという間に、シンキングタイムは終了。

発表時間にうつります。


「恋」といっても色々。
発表のしかたも、それぞれペアごとに色が違って
笑いと少しの切なさ+甘酸っぱさがある時間になりました。

出来たカクテル。


出来上がったカクテルを味わって、
「あら、おいしい☆」と自画自賛するペアもたくさんいた様子。


そして、全部のチームが発表し終え
キャプテンくわっちから、お店に特製メニューとして並ぶ
カクテルの発表です!


flaxでシブ大特製カクテルに選ばれたのは
「渋谷の恋」!!



…どんなカクテルかは、実際にflaxに行って
味わってみてくださいね。


授業のあとは、そのまま
お店で交流会が開かれました。

実際に学校の保健室の先生をやっている方がいて
白衣ネタで盛り上がったり、
違うメニューでやりましょうよ、と言っていただいたり…。



そんな生徒さんのアンケートの中には
「お店の方を知ることが出来て、また飲みに来たいと思いました。」
という感想を書いてくださる方がいました。


人を知るとお店がわかる。
そして、お店は、そこに集まる人によってつくられる。

キャンパスマップつくり隊!も、
日々そんな気持ちで活動しています。


自分達が感じているものを、
参加してくれた皆さんと分かち合えたような気がして
嬉しくて楽しい夜となりました。


皆さん、どうもありがとうございました!
また、特製カクテル片手にお話しましょう。


中里

(写真提供:つむさん)

8月28日(土)はマップ隊授業! シブ大オリジナルカクテルをつくろう!

  • 2010/08/09(月) 10:06:52

最近、新たにシブヤ大学学生特典のあるお店が増えたのを
皆さまご存知でしょうか?

■37店舗目は、【Flax@恵比寿】です。
http://www.shibuya-univ.net/classroom/detail.php?room_id=194
http://shibumap.dtiblog.com/blog-entry-122.html

キャプテンくわっち!


スタッフのあきさん


大人な雰囲気のおしゃれなお店なのに、
写真のようにユーモアたっぷりのスタッフさんがいるお店です。

8月28日(土)、ここで6月に参加者の皆さんから
大変喜んでいただいた授業
【学生特典で、シブヤ大学特製メニューをつくろう!〜お好み焼き編〜】
http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=511
の続編を行います!

次のテーマはそうです

カクテル〜!!


しかも、前回のお好み焼き編はグループ対抗だったところが
今回は、男女ペア〜。
ルゥ〜ネッサーァンス!!!



当日どんな方達と、「Let's Shake!」出来るか想像したり
はたまた、もし男女の比率が合わなくなったら、
スタッフのマップ隊も参加してしまおう!などと
今からわたしたちもドキドキです。

是非奮ってお申し込みください。
お会いできることを楽しみにしています。

8月6日 ひろしま

  • 2010/08/06(金) 18:25:42

8月6日。
去年は広島にいました。
■そのときの日記
http://shibumap.dtiblog.com/blog-entry-60.html

ひろしまジン大学学長の平尾さんに
お忙しい中、人やイベントを紹介していただいたり
おいしいお店を教えていただいたりと
とてもお世話になったのを思い出します。
■ひろしまジン大学 http://hirojin.univnet.jp/
■ひろしまジン大学ブログ http://hirojin.univnet.jp/blog/

平尾さんの言葉は、頭のどこかにずっとあって、時間が経ってから
聞いたときよりも、くっきりと浮かび上がってくる。

そんな不思議なひとです。


8月6日と一日経った7日。
最初は8月6日の広島を見てみたいという気持ちだったけれど
どちらかだけじゃなんとなく違う気がして、両日広島で過ごしました。



平和は、声高に叫ぶものではなくて、日常にあるもの。
結果的に平和な社会であればいい。そこに賭けたい。

平尾さんと、ビックリするような暑さの中で
お話したことが思い起こされた今朝。


原爆の前にも、人々には当たり前に日常があって
今の自分たちと同じように笑ったり悩んだり、恋したりしてた。
そういうところで、過去を思いたい。
と、そんな風に考えながら、平尾さんの
「原爆のことも、食事や日常のことも、同じテーブルにのせたい。」
という言葉に、そんな広島いいなぁ、と感じたのを思い出しました。


「僕の仕事は広島を好きになってもらうことだから」
と別れ際に平尾さん。

今、広島と言って思い浮かべるのは
平尾さんだったり、ひろしまジン大学のメンバーの方だったりする。


悶々と悩んでいたりもするけれど、
まず思い出されるのはその人達の笑顔。

どこかの地を思うとき
そこで頑張っている方の顔が浮かぶしあわせ。


またお酒を一緒に飲みたい。


それが、「平和」だったらいいなぁ